Tuesday, March 07, 2006

アメリカの流行① Polly Pocket

 日本のおもちゃが、しばらく経ってから、アメリカに輸入されてくることがあります。シルバニアファミリー や たまごっち などが 私が気づいた代表的なものです。 特に、たまごっちは、この冬 まわりのアメリカの子供達には大変人気がありました。クリスマスプレゼントに欲しいものの トップ3 には入っていたんじゃないんでしょうか。(あっ、これは 女の子に限定してのお話。“お世話好き” はどの国でも女の子の特権でしょう!) 私が見た限り、アメリカで流行っている たまごっち は 10年近く前に日本で流行っていた たまごっちから大きな変化はないようでした。(今も、日本で たまごっち って流行っているんですか?)

 さて、前おきが長くなりましたが、写真のPolly Pocket( ポーリーポケット)が今、ここアメリカで、5-10歳くらいの女の子にとても人気があります。このお人形、10センチほどで、まさに手のひらに収まり、ポケットに入れて持ち運べるサイズです。シリコンのようなソフトなゴムの着せかえができて、靴やらバック・サングラスといった小物類・・・なんでも一緒についてきます。

アメリカでは車の移動が多いですから、そんなときも気軽にポケットに入れておいて、ちょっとした時間にも遊べる・・という感じなんでしょう。また、10ドル位で お人形+着替え3-4着 と手ごろな値段も人気に拍車をかけているでしょう。

 ただね、なんといっても・・・・・パーツが小さい !!! 10センチのお人形の “靴” なんて 想像してみてください。本当に、お米粒ほどです。それが、ハイヒールあり、ビーチサンダル・ジョギングシューズあり・・で もう何足も何足もあるんですから、掃除をするママの立場になれば・・・涙が出るほど大変・・なんですよ。

 さぁ。今回のアメリカでの Polly Pocket ブーム。 日本に近々輸出されて 日本のお母さんのかたづけを 悩ます日も来るんでしょうか?! 

 詳しくは・・ pollypocket.everythinggirl.com でどうぞ!

2 Comments:

Blogger kuri said...

たまごっち、第二世代のたまごっちが活躍中です。我が家へ出入りしている小学校4年生や、そのいとこで来年小学校へ入るお姉さんと、その妹も立派にたまごっちのママをやっています。それを手に入れるために、パパは休日の朝早くから行列に参加してやっと手に入れて、娘たちへの面目を果たしたということです。ただし、たまごっちのママたちは、適当に手を抜いて、子育ては、そのまたママや、おばあちゃんたちに任せているという、現代風な現実もあります。何事も小さいうちがはなですよねえ!

11:38 PM  
Blogger Pink Rose said...

くりさんへ

 おっしゃるとおりですね。私も現実のたまごっち(2人の子供)育てに忙しく、おもちゃのたまごっちの管理をウキウキしながらしていた独身時代が懐かしいです!
 コメントありがとうございます。

6:16 AM  

Post a Comment

<< Home